使える防犯グッズやアイデアなど、防犯に関するお得情報を掲載します

menu

出来る事から始めるセキュリティ【犯罪ブロック】

空き巣に入られやすい家ってどんな家?

空き巣に入られやすい家には、こんな特徴がありますので、ぜひ対策を行っておきましょう。

侵入する不審者は、空き巣だけでなく居空きや忍び込みなどの手口が存在していて、空き巣は家人が外出して不在中に家屋に侵入して金品などを忍び込む手口ですよ。

居空きは、家人が在宅中に家に侵入して盗む手口ですが、忍び込みは、家人が寝静まっている夜中に侵入して盗む手口なので、家人と犯人が鉢合わせる可能性が高く、とても危険なのです。

ちょっとした外出などの時に鍵をかける習慣のない家は空き巣に入られやすく、防犯に対する意識の低い家は狙われやすいと言われていますよ。

空き巣を行う不審者は、留守の頻度や人通りなど事前に下見を行っているそうですから、普段から鍵をかける習慣をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。