使える防犯グッズやアイデアなど、防犯に関するお得情報を掲載します

menu

出来る事から始めるセキュリティ【犯罪ブロック】

自宅でやっておくべき水害の防災対策とは?

新築の購入を検討しているなら、自宅の水害対策について考えておきましょう。

まず大切なのは、その地域のハザードマップを確認するという事であり、水害による床下浸水の被害は多いですから、河川や土砂崩れのリスクについて把握しておきましょう。

ハザードマップで最低でも浸水が50cm未満の土地を選んだり、住居の基礎の立ち上がりが地盤から45cmくらいは水が入ってこないような造りにするのがオススメですし、ハウスシューズと呼ばれる基礎の対策を採用すると良いでしょう。

配管や換気口の防水対策も実施しておき、水災保険という保険もあると言われていますので気になる方はチェックしておきましょう。

何も対策しないよりは、事前にできる水害対策を実施して安全に暮らせる空間を作りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。